坐骨神経痛

こんなことでお悩みありませんか?

それ、坐骨神経痛かもしれません。

坐骨神経
  • ・腰、お尻、下肢(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)に痛みやしびれがある
  • ・「足の付け根」、「尾骨周辺」、「お尻の中」というような、漠然とした範囲に痛みやしびれがある
  • ・腰痛がありながら、腰の痛みとは離れた部分にしびれや違和感がある
  • ・足を動かしたり、前屈や後屈、ひねり動作をすると痛みやしびれが強くなる
  • ・足に力が入りにくく歩行困難を伴う
  • ・痛みやしびれ、麻痺、違和感のせいで座ったりしゃがむことがつらくなったり、排尿・排便に支障をきたしている
  • ・腰やお尻、下肢を触ると感覚が鈍かったり違和感がある
  • ・お尻の筋肉が冷え固まっている感じがする
  • ・痛みをラクにするために歩き方がおかしくなっている

坐骨神経痛はなぜおこるのか?

坐骨神経坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い神経です。腰のあたりから爪先まで伸びています。この坐骨神経は圧迫されるなどの刺激を受けやすく、腰や腎部(尻)、 太もも、ふくらはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、 ピリピリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。これが坐骨神経痛です。

坐骨神経痛は疾患名ではなく、原因がはっきりと特定できる場合、症状のひとつとして扱われます。例えば、「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」などの疾患が原因のときは、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名、坐骨神経痛が症状、ということになります。

実際、坐骨神経痛は原因の疾患が比較的見つかりやすいので、病名ではなく症状として扱われることが多いようです。ただ、検査をしても原因が見当たらない場合は、坐骨神経痛が病名となります。

坐骨神経痛をするためには

坐骨神経痛をする方法としては、

  • 「なるべく重いものをもたない」
  • 「長時間同じ姿勢をとらない」
  • 「激しい運動はさける」
  • 「肥満しているようであれば減量する」
  • 「安静にしている」
  • 「腰周辺の筋力をつける」

といったことがあげられます。また、ホットパックを利用したり、温浴するなど、患部を温めると痛みが和らぐこともあります。

ただし、原因になっている疾患によって法は違いますし、法を行なったがために悪化してしまう、といった危険性もあります。

また、坐骨神経痛を起こす疾患には、悪化すると歩行が困難になる、座っていられなくなる、排泄をうまくできなくる、といった重篤な症状を引き起こすものもあります。ですから、原因となっている疾患を早期に発見、施術することが、とても大切です。

宝塚市のりゅうた整骨院・鍼灸院の施術方法

「MT-MPSと呼ばれる深層筋調整マッサージ」「トリガーポイント鍼灸」「猫背・ 骨盤矯正」の三本柱+「筋トレ」で根本お行います。

坐骨神経痛の根本的原因は、身体の土台である「骨盤」「深層筋」の異常によって姿勢が悪くなり、坐骨神経に負担がかかってしまう事であるため、りゅうた整骨院の施術は以上の3つの施術を組み合わせることで、柔軟性と運動性のある筋肉に変えていき、骨格の整った正しい姿勢にしていくことで坐骨神経痛をしていきます。

施術の流れ

受付 カウンセリング 検査 施術
1.受付
問診表をお渡しします
2.カウンセリング
じっくりお話を伺います
3.検査
適切な施術を行うために
お体の状態を見ます
4.施術
お一人お一人の状態や
ご希望に合わせた
施術を行います
施術方針の説明 お大事に
5.施術方針の説明
今のお身体の状態や
今後の施術方針を
説明します。
6.お大事に
ご来院ありがとうございます
次回の御予約がある方は
受付までお申し出ください。

りゅうた整骨院・鍼灸院 施術例

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

  • 求人情報
りゅうた整骨院・鍼灸院の口コミ・感想をもっと見る

LINE

QRコード